東進×四谷大塚の無料オンライン講座(算数)を小1男児が体験中

[育児話]
この記事は約5分で読めます。

すでに受講している方もたくさんいらっしゃると思いますが、東進×四谷大塚が全国の小中学生に「全国統一オンライン講座」を無料で開講してくれています。(申し込みは2020年5月末まで)

休校中に学習する教材を提供してもらえるだけでもありがたいのに、オンライン講座も体験できるなんて、すごく助かる(*’▽’*)

しかも、今年度いっぱい無料で受講できるそうで…すばらしい神対応ですね!

我が家ももちろん申し込みました(*´∀`)

現時点で7回目(第4週-①)まで受講したので、レビューを書いてみたいと思います。

オンライン講座(小1算数)を受けてみて

現在公開されている小1のカリキュラムは以下のとおり。講座は火曜日と木曜日に配信されます。

サイト・アプリの使い心地は?

我が家は10.2インチディスプレイの iPad でオンライン講座を受けています。画面は小さめですが、実際に受講してみて、見え方など特に問題はありません。

iPadの場合は『東進講座受講』というアプリを別途インストールする必要があります。オンライン講座を再生するためだけのアプリのようです。

講座を受講するには、まず『東進学力POS』というサイトにアクセスし、付与されたIDでログインします。

iPadのスクリーンショット(名前とIDは隠しています)

ページ内の「受講はこちら」またはサイドメニューの「t-POD受講」をタップすると講座受講ページに移ります。

「講座受講」ページで「教材ダウンロード」をタップすると講座で使う教材をダウンロードできます。授業の前に印刷しておきます。

講座受講ページのサイドメニューの「講座受講」をタップし、受講する講座の「受講開始」ボタンをタップします。すると『東進講座受講』アプリが起動して、授業を再生できます。

なぜサイトとアプリを分けたのかはわかりませんが、慣れれば特に不便は感じません。メニューもわかりやすく、初めてでも操作に困ることはないと思います。

授業の進め方は?

小1向けの算数の授業は、明るい女性講師「りえ先生」が、楽しい雰囲気をキープしつつ丁寧に説明してくれます。基礎を徹底的に教えて、教材で練習と復習もさせています。

実際のりえ先生ではありません。イメージです。

最近は幼稚園や保育園のうちに数字や文字を学ぶ子も多いですよね。正直、そういった子には講座序盤は簡単すぎる内容です。授業の途中で飽きてくる子もいるのでは(´・_・`)

でも、プロの塾講師ならではの教え方やテンポの取り方で、子どもを引きつけるよう頑張ってくれています。

プロ講師の教え方は、親にとっても参考になることがいっぱい。子どもと一緒に見る価値があります。

親のサポートは必須(小学1年生)

内容の難易度はともかく、小学1年生がオンライン講座を受講するには、画面上の先生の話をきちんと座って聞く必要がありますが…。

正直、ほとんどの子が1人でずっと画面に集中するのは難しいのでは…。つまり、親のサポートが不可欠

とりあえず「先生の話を聞く」という部分を親がサポートすれば、画面の向こうで先生がリードしてくれるので、それほど心配はありません。

ただ、うちの息子の場合、授業の中で知らない言葉が出てくると、そちらに反応してしまいます(^^;;

例えば「おさらい」とか「まとめ」とか…。その度に画面を止めて、私が言葉の説明をします。でも、説明から話が脱線してしまうこともしばしば。

親のサポート力も試されますね…。

確認テストに合格してから次回を受講

常にこんな感じで取り組んでほしい…

授業が終わったら、最後にするのは確認テスト

80%以上正解しないと次回の授業が受けられないことになっています。カリキュラムを見て「この回はスキップしちゃおう」ということはできないのです。

まだ今は簡単なので、授業を普通に聞いていれば100%正解できるはずです。

…が、うちの息子はテスト初体験

初めての確認テストでは、問題文をきちんと読まないで答えを間違えたり、答えの選択肢で混乱したりで、テストを終わらせるのが大変でした。

例えば、答えの選択肢が

① 5 ② 4 ③ 3 ④ 2 ⑤ 1

で、正解が「5」の場合、選択肢からは「①」を選びますよね。

でも、息子は「答えは5なのに、どうして①なの?」と混乱していました。まあ、気持ちはわかる…。

マークシートで答えを選ぶ時も、「設問の番号」「選択肢の番号」「実際の答えとなる数字」とで、少々混乱していました。

今は慣れたので、解答欄の選択肢で混乱することはありません。確認テストでマークシートをタップするのが楽しみになっているようです。

7回受講してみての感想

息子は「りえ先生」が好きなので、講座そのものは嫌がることはありません。でも、先生と相性が良くなかったり、それほど好きな先生でなければ、すでに受講させるのが大変になっていたかもしれません。

先生との相性、大切

あとは、まだ授業の内容が簡単なので仕方ないのですが、息子が少し自信過剰になっているな〜と感じます。

「そんなのわかってるし!」と、偉そうにして先生の話を聞かない時は、「わかっていても、先生の話を聞こうね」と声がけしています。

自信を持つのはいいのですが、先生の話を聞く姿勢を身につけさせたい…。親の希望ですが。

今はまだ、私が「りえ先生の授業、始まるよ〜!」と声をかけて受講していますが、たまに息子の方から「りえ先生の授業、見たい!」と言う時があります。なるべく「自らやる」姿勢で進めていければいいなと思っています。

実際に受講中の息子。がんばれ〜

今年度はフル受講を目指しているので、息子のその後についてまた記事にしますね。

「全国統一オンライン講座」へのお申込みがまだの方は、こちらからどうぞ♪ 2020年5月末まで申し込みできます。

ウェブ広告に、りえ先生の姿が!(=´∀`)

みんなでがんばりましょう(*´∇`*)

コメント