【乳がん手術体験記@亀田総合病院】入院4日目、手術翌日

[病気の話]
この記事は約5分で読めます。

この記事では入院4日目、乳がん手術の翌日の様子についてお伝えします!

少しシモっぽい話や痛み・傷などの話題が含まれますので、苦手な方はスルーするなどご注意ください。

亀田総合病院での入院体験記となりますが、あくまで私個人の記録となります。同じ病院でも、同じ治療内容や入院体験になるわけではありません。参考程度に読んでいただければ幸いです。

手術翌日の朝、自力で歩けるように

夜に何度も起きてしまったせいか、手術翌日の朝は早朝に起きた記憶がありません。朝6時に検温の看護師さんが来たと思うのですが、それすら覚えがありません。

朝7時頃、看護師さんが部屋に来て、導尿カテーテル(排尿のための管。お股に挿さってます…)を取ってくれました!

そういえば、夜中に何度も看護師さんが部屋に来て、排尿チェックをしてくれていました。夜勤なだけでも大変そうなのに、私のシモの世話まで申し訳ない…! いつも優しい看護師さんたちには感謝の気持ちしかありません。

導尿カテーテルが取れただけでも、すごく快適! その後、看護師さんのサポートを受けながら、手術後初めて起き上がりました。

看護師さんにつかまったまま、ベッドサイドで足踏みの練習をして、特に問題なかったので、ドレーン用のポシェットをもらいました!

このポシェットにドレーンを入れて、自由度UP!

このポシェットは、防水加工されている不織布のような素材で、水や汚れにも強そう。おかげで自由に歩けるようになったので、そのまますぐに自分でトイレに行きました。笑

トイレから出ると、窓の外の明るい陽射しが目に飛び込んできました。

「生きて、自分で歩いて、動けるって素晴らしい!」

生まれ変わったような気分になったのを覚えています。

手術後、はじめての朝ごはん

朝8時には部屋に朝食が運ばれてきました。手術前日の夜から何も食べていないし、手術翌日だから「お粥だけかな?」と思っていたのですが、いきなりの常食。

手術後はじめてのごはん

メニューは「ご飯、さつま揚げ、ナムル、ふりかけ、味噌汁、牛乳」。お腹が減っていたせいかとっても美味しくて、すぐに完食しました。

顔も体も、いろいろブルー!

9時半頃、看護師さんに渡されていた検尿カップを提出しました。量が十分に出ているので、この一度だけでOKと言われました。

ここでビックリしたのが、尿の色がブルー!!だったんです。

聞いてはいたんですけどね。手術前日、センチネルリンパ節生検のために色素を流す注射をしたじゃないですか。その影響で、肌も少し青みがかった感じになるし、しばらく尿に青い色が混ざると聞いていたんです。顔や体は少し青白いかな? って程度だったのですが、思ったより尿のブルーが濃くてビックリしました。

尿も順調だし(?)、下半身だけシャワーOKの許可が出ました! ドレーンの管が、左脇から約15cm下の脇腹(あばらの横?)に挿さっていたので、水がかからないよう慎重にシャワーしました。

なぜシャワーが下半身だけかというと、まだ左胸には分厚いガーゼがあり、バストバンドがしっかり巻かれていたからです。

左胸は、切り傷のような痛みはほとんど無かったのですが、ガーゼの圧迫感がすごくて、あざを押しているような痛みが続いていました。左腕は、重いような違和感はあるけれど、少し動かすくらいなら問題なし。私の利き腕は右なので、不便さはそれほど感じませんでした。

11時頃、麻酔医さんが様子を見に来てくれました。のどが少しヒリヒリしていたけれど、しっかりごはんも食べているし、麻酔による副作用なども無いし、安堵の表情でした。

続いて、執刀医の女医さんが来て、傷口などをチェック。私はこの時点では胸の傷を見ていなかったけれど、「翌日にガーゼ取るね」と言われたので、順調に回復してるのかな?と思いました。

遺伝カウンセラーさんとお話をする

この日のお昼ごはんは、なんとカレーライス!意外とガッツリしていました。手術翌日にカレーが食べられるとは思っていなかったので嬉しかったです。食べるたびに元気になっていく私でした。

午後は、遺伝カウンセラーさんが部屋にやって来ました。

私が依頼したわけではないのですが、30分以上いろいろなお話をしました。母の乳がんのことや、祖母の病気のことなど…。亀田総合病院には遺伝カウンセリング外来があるそうで、遺伝子検査や遺伝性乳がんや卵巣がんなどについても話を聞きました。

遺伝カウンセラーさんとお話をして、遺伝子検査を受けようか…と、今もまだ悩んでいるところです。

遺伝子検査は現在は保険適用になっています。また、私が遺伝子検査を受けた結果、遺伝性の乳がんや卵巣がんリスクを認められた場合、予防のための摘出(切除)手術も保険適用となるそうです。(亀田クリニックの担当医に確認しました。)

ちなみに、遺伝性と認められなければ、予防的手術は自費ですね。

多分、多分ですけど、母や祖母の病気を振り返ると、私の乳がんは遺伝性だったのでは…? 遺伝性卵巣がんのリスクもあるんじゃないかな…。遺伝性でリスクが高いなら、私は、残りの右胸も卵巣も摘出してしまって予防したいかも…。でも手術はやっぱり怖い…。病気になってしまうよりはいいんだろうけど…。

複雑で、まだ決められません。もうしばらく迷うことにします。

コンビニスイーツを買う。笑

この日の夕食後、なんと予定よりも1週間近く早く生理が来てしまいました。ちなみに夕食は、↓こんな感じでした。(メインは揚げ魚の南蛮漬けだったかな?)

上げ膳据え膳で、とても美味しい夕食!

仕方ないので、夕食の食器を片付けるついでに、院内のローソンに生理用品を買いに行きました。かなりゆっくり歩きましたが、手術翌日に自力でコンビニに行けるほど回復したと思うと、嬉しかったですね。

食事制限は無いと言われていたので、ついでに小さなスイーツと飲み物、のど飴を買って、病室でテレビを見ながら食後のデザートタイムを楽しみました。

手術成功をささやかにお祝い?笑

この日の夜は、寝る前にFacetimeで子どもに元気な顔を見せることができました!

手術翌日って、まだまだ寝たきりなのかと思っていましたが、こんなに早く動けるようになって嬉しい!

仕事や家事ができるかって言われると、できませんけれども。笑

コメント