Z会小学生タブレットコース2年生☆みらいたんけん学習の感想【口コミ】

地球儀[子どもの話]
この記事は約8分で読めます。

この記事では、Z会小学生タブレットコース2年生の「みらいたんけん学習」のカリキュラムを振り返って、2021年4月から2022年1月まで息子が学んできたことと、その感想を綴ります。

(2022年4月からは中学受験コースを受講しています)

☆注意☆
Z会小学生コース2年生(紙教材メイン)の内容とは異なっているかもしれません。この記事は息子が実際に受講した「Z会小学生タブレットコース2年生」のカリキュラムについての振り返りになります。



↓現在受講しているのは、小学生タブレットコース(2年生)です。


【関連記事】
Z会小学2年生タブレットコース☆コース特長と感想を書いてみた
国語カリキュラムの感想@Z会小学生タブレットコース2年生【口コミ】
算数カリキュラムの感想@Z会小学生タブレットコース2年生【口コミ】

Z会小学生タブレットコース2年生・みらいたんけん学習は『知識』と『思考』の2種類

「みらいたんけん学習」はZ会オリジナルの教科で、『知識』と『思考』という2種類の学習内容に分かれています。国語・算数・理科・社会…という教科に限定されず、それらを総合した知識や思考力を育むねらいがあるようです。

Z会オリジナル教科「みらいたんけん学習」では、既存の教科の枠を超えた知識・思考力を身につけることができます。

Z会公式サイト「小学生タブレットコース1・2年生」ページより(https://www.zkai.co.jp/el/t12/)

「みらいたんけん学習」のテーマは毎月変わりますが、お勉強というよりも「雑学コーナー」というイメージ(個人的イメージです~)で、親子で毎月楽しみにしています(^o^)

実際のところ、どんな感じの学習内容なのか、『知識』と『思考』に分けて感想とともにご紹介します。

みらいたんけん学習『知識』の月別カリキュラム

2021年4月から2022年1月までの『知識』のカリキュラムを月別にまとめてみました。

4月「かわる きせつと わたしたち」
日本の四季や行事について学び、自然の変化を意識できるようになりました。
5月「生きものが 先生」
生物の性質から生まれた技術について学習しました。
6月「おやくだち 天気よほう」
天気予報の見かたや役割について学び、実際に翌日の天気を調べてみました。
7月「音の ふしぎ」
音が出て聞こえる仕組みについて学びました。
8月「夜の せかい」
天体の種類や特徴について学びました。
9月「食べものの ふるさと」
食品の産地や加工、成り立ちについて学びました。
10月「いろいろな どうぶつの すみか」
いろいろな生き物の巣について学びました。
11月「コンビニエンスストアの 1日」
コンビニエンスストアの仕事や、店内の工夫について学びました。
12月 「水ぞくかんの 生きもの」
海で暮らす生き物の特徴などについて学びました。
1月「はこぶ のりもの くらべ」
荷物を運ぶ乗り物と運輸の働きについて学びました。
Z会小学生タブレットコース2年生「みらいたんけん学習」の『知識』カリキュラム(2021年度)

知識』の学習内容を見てみると、理科・社会への興味・関心を高めるような内容になっていますね。

みらいたんけん学習の『知識』は高学年の理科・社会へつながっている

みらいたんけん学習の『知識』は、息子の小学校の教科でいうと「生活科」に近いようです。実際に内容を見ると、高学年の理科・社会へとつなげる土台作りをしているイメージです。

たとえば、7月の「音のふしぎ」は、3年生の理科で学ぶ「音」に関する単元の下地になります。また、11月の「コンビニエンスストアの1日」は、3年生社会の「店の仕事」や5年生社会の「情報化社会」の学びにつながります。

みらいたんけん学習の『知識』には、身の回りのさまざまな事象について意識させたり、興味を引き出したりと、子どもが自発的に「知りたい!」となる働きかけがあると感じます。

私は、みらいたんけん学習の「子どもの知的好奇心をそそる」内容が非常に良いと感じています。大人が説明するよりも、子どもが自ら興味を持って調べる方が吸収が早く、定着しやすいと思うからです。大人が教えるよりも時間はかかるけれど、子どもが「知りたい」という気持ちから行動して学んだ方が、本当の意味で『知識』になると思います。

みらいたんけん学習『知識』の学習内容を実践してみた

お米のイメージ

我が家では、9月の「食べものの ふるさと」の学習の後、息子と一緒に買い物に行き、いろいろなことを調べました。

  • 売り場のお米はどんな産地から来ているのか?
  • どんな名前のお米があるのか?(帰宅後、お米ごとの特徴をネットで調べました)
  • お米にはどんな種類があるのか?(うるち米/もち米、無洗米/精白米など)
  • お米を使った食品にはどんなものがある?(おせんべい、おもち、だんご、酢など)

などなど…。

コロナ禍で、お店では最低限の会話しかできませんでしたが、「店内でお米が売っている場所を探してね」「お米の産地を3ヶ所覚えておこう」「原材料にお米が含まれているお菓子を3つ買おう!」などとミッションを決めていたので、静かにスムーズに買い物できました。

息子はこの「お買い物学習」がすごく楽しかったみたいです。この時「お米」について調べたことは、今のところしっかり覚えています。その後も「今日の買い物テーマは卵だ!」などと決めて、時々一緒に買い物をしています。

これが5年生社会の「食料生産」などの学びにつながってくれるといいな…(^^)

みらいたんけん学習の『知識』は、息子が本当の知識を身につけるきっかけになっています。
月に2回と言わず、もっと回数があったらとてもうれしいです。

みらいたんけん学習『思考』の月別カリキュラム

2021年4月から2022年1月までの『思考』のカリキュラムを月別にまとめてみました。

4月「さがし絵に ちょうせんしよう」
指定された条件に合う絵を探す、ゲーム的な問題に挑戦しました。
5月「地図を 見て 考えよう」
地図を見て道順を説明することで、情報整理の仕方を学びました。
6月「形パズルに ちょうせんしよう」
条件に合った図形を見つけるパズル的な問題に取り組みました。
7月「いろんな ものを くらべて みよう」
与えられた情報から、順位を考える問題に取り組みました。
8月「なぞときを しよう」
情報から規則性を見抜く謎解きクイズのような問題に挑戦しました。
9月「どんな 形に なるのかな」
図形を折ったり切ったりすると、どんな形になるのか考える問題に取り組みました。
10月「あてはまる 文字は 何かな」
あなうめクイズのような問題に取り組みました。
11月「ヒントを もらって 数を あてよう」
トランプの数あてクイズのような問題に取り組みました。
12月 「きまりを みつけよう」
図形や言葉の変化を見て、規則性を推測する問題に取り組みました。
1月「どんな 絵に なるのかな」
絵を文章で説明したり、説明文からどんな絵になるか選んだりする問題に取り組みました。
Z会小学生タブレットコース2年生「みらいたんけん学習」の『思考』カリキュラム(2021年度)

『思考』の学習内容を見てみると、クイズやパズルのようです。条件などの文章を正確に読み取るための読解力も鍛えられそうです。

みらいたんけん学習の『思考』はさまざまな「考える力」を養う

思考イメージ

息子は図形パズルやナンプレ、クロスワードパズルや間違い探しなどのゲームが大好き。なので、月に一度の『思考』の日はテンション高めです。終わった後も「もう一度やりたい!!」と大騒ぎしています。

「ほぼゲームじゃね?」みたいな『思考』ですが、そんなに簡単に答えがわかるわけではありません。『思考』の名前の通り、子どもに考えさせる(時には大人も一緒に考える)内容になっています。

「考えさせる」といっても、いろいろな切り口があるのがZ会。Z会小学生タブレットコース2年生・みらいたんけん学習『思考』では、以下のような「考える力」が試されます。

みらいたんけん学習の『思考』で取り組むタスク例

注意力まちがいを探す、ものの形をよく観察する
情報整理力自分視点と他者視点を意識して道順を説明する
試行錯誤力条件にあった図形を探す、いろいろなパターンを考える
論理的判断力  提示された情報を組み合わせたり、組み替えたりして、順序立てて考える
論理的思考力場合分けしながら考える
推理力提示された情報から規則性などを読み取る
連想力あなうめ問題のようなもので、条件に合う言葉を探す
Z会小学生タブレットコース2年生「みらいたんけん学習」の『思考』で養われる力(2021年度)

文字にすると難しい勉強をしているように見えますが、本当にゲームやクイズみたいで楽しいです!

我が家では、『思考』の学習内容を参考にして、似たようなパズルやゲームを日々の遊びに取り入れています。

息子にとっての「みらいたんけん学習」の効果は?

数字イメージ

Z会小学生タブレットコース2年生の「みらいたんけん学習」は、息子にとって楽しく学べる素晴らしい教材です。

思考』のおかげで思考力は徐々に身についていると思います。特に、少しずつですが「情報を整理する力」がついてきた気がします。また、『知識』のおかげで3年生からはじまる理科や社会が「楽しみ」と言っています。

タブレットで学ぶだけでも、みらいたんけん学習の内容は「おもしろい」と思います。

さらに、学習で得た『知識』や『思考』を日常で実践できるよう保護者がサポートすることで、学習効果は倍増すると思います。みらいたんけん学習は「おもしろかった」「楽しかった」だけで終わらせるのはもったいない内容です。

親子のコミュニケーションにもなるし、これからも我が家は「みらいたんけん学習」を日常で応用させていきたいと思います(^^)




↓ 我が家が申し込んだ「Z会中学受験コース」はコチラ。


↓ 現在受講中の「Z会小学生タブレットコース」はコチラ。


↓ 紙教材がメインの「Z会小学生コース」はコチラ。


↓ Z会幼児コースはコチラ。


↓にほんブログ村に登録中。クリック応援、励みになっています(^^)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2026年度(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(Z会)へ

コメント