小2男子のRISU算数体験・その1:タブレットが届いた直後【PR】

りす[子どもの話]
この記事は約7分で読めます。

本記事は、「RISU算数」のモニター記事です。

RISU Japan 株式会社のマーケティング担当の方よりPRのお話をいただきました。PRのお誘いは初めてだったので、正直嬉しかったです。

PRのために「RISU算数を2か月間借りてお試しできる!」ということで、半分は引き受ける気持ちに傾いていました。でも、「良いことしか書かないでください」と言われたら、PRのお話はお断りするつもりでした。

RISU Japan マーケティング担当の方に確認したところ、ネガティブなことも執筆OKと言っていただいたので、体験に基づいた正直な記事を書きますね。

…ということで、最低3回は「RISU算数」の記事を書きます。「タブレットが届いた直後」、「1~2週間後」、「1ヵ月以上経過した後」についてレポートする予定です。

今回は主に「タブレットが届いた直後」の様子を記事にしました。興味のある方はお付き合いくださいませ(^^)

「RISU算数」のPRに興味をもった背景

RISU算数イメージ

「RISU算数」は、他の方のブログなどで見かけたことがありました。皆さんからの評価が高く、少し興味はあったのですが、我が家は「通信教材はZ会だけで十分」と思っていました。

新3年生からはZ会の中学受験コースを申し込んでいますが、今回PRの話をいただいて、『算数の補助教材として「RISU算数」が使えたらいいかも?』という期待感を持ちました。

特に興味があったのは、東大生などのチューターによる「レッスン動画」と「個別フォロー」。子どもがつまずいている箇所を自動検知し、子どもがわからなくて困っているタイミングでレッスン動画が届くらしいです。また、学習データに基づいた個別フォローがあるそうです。

加えて、3月から「ハロー!ベルリッツ」という、ベルリッツとRISU Japanがコラボ開発したコンテンツ(3分間動画)が配信されると聞いたので、それも見てみたかったのです。

「RISU算数」が届いたよ!

「RISU」は理数のことかと思ったら、本当にリスだった…

タブレットが届く前に、他のブロガーさんたちの「RISU算数」体験記事を読みました。

多くのお子さんが「最初からすごくハマって、気づいたらずっとRISUをやっていた」とか、「自分からRISUをやりたいと言って、毎日どんどん進めた結果、かなり先取りしてしまった」とか、とにかくお子さんがRISUにハマっているように感じました。みんなすごいな…。

うちの息子もRISUにものすごくハマって、何時間もやるのかな〜?(´∀`)

体験だからいくら進めてもいいけど、あまりやり過ぎても目に良くないかしら…(˘・з・˘)

私は期待と心配半々で「RISU算数」が届くのを待っていました。

我が家に「RISU算数」のタブレットが届いたのは土曜日の午前中。週末は時間がたっぷりあるので、早速試すことにしました。

「RISU算数」体験1日目…実力テストでミスる息子

開封して、消毒して、説明書を確認して、Wifi設定などを一通り終わらせて、RISUのタブレットを息子に渡してみました。すると。

なにこれ?

…冷めた反応だな。

息子は日頃から Z会で iPad を使っているし、自分の Chromebook も持っているので、新しいタブレットを見ても「勉強に使うものかな?」程度で、特に何も思わない様子。

えっと、これで今からちょっと算数のテストをしてほしいんだ〜(^^)

そうなんです。RISU算数は、最初に実力テストを受ける必要があるんです。

えぇ〜テスト〜?? まぁ算数ならいいけどぉ〜。。

あまりテンションが上がらない様子の息子ですが、そのまま実力テストをすることに。

息子はタブレットの扱いには慣れているし、ボタンの位置や解答の仕方を教えたら問題なくできていたので、そばで見守っていました。

でも、途中から調子に乗ったせいか、簡単な問題なのに「まだならっていません」ボタンを間違えて押してしまったり、入力ミスを訂正する時に間違えて「解答する」ボタンを押してしまったり、不慣れによるミスが続いてしまいました。

その結果…

2生の最初あたりから始めることになりましたー!! ヽ( ̄□ ̄;)ノ

もっと先取りできると期待していたのに。。画面操作は私がやってあげればよかったかな…。

まぁ、いいです。2年生の算数の総復習をすると思えば。

これで「RISU算数」の学習ができるようになったので、手慣らしに1つのステージをクリアしました。簡単な内容なので、15分もかかりませんでした。

操作に慣れれば、1ステージ10分もかからないかも。今はまだ簡単なので。(恨みがましいわ)

「RISU算数」低学年のステージはこんな感じ。(RISU算数公式サイトより引用)

よし、簡単なとこはさっさと終わらせて、先取り学習を体験させよう!

…と思ったのですが。

んー、今日はもう、それ(RISU算数)はいいや。

ええええ? まだたくさんステージあるんですけどぉ…。

息子は1ステージクリアしただけで終了モードになってしまいました。簡単すぎてつまらなくなったのか…?(-_-)

「RISU算数」のポイントアイテムで釣ってみた

おかしいな。よそのお子さんたちは飽きずに「RISU算数」をやっているらしいのに。。

「土日は時間もあるし、週末のうちにたくさん体験させたい…」と思った私は、やる気を引き出すアレを思い出しました。

アレですよ、ごほうびですよ、奥さん…。笑

ねえねえ、算数の問題をたくさん解くとポイントがもらえるんだよ!

ポイント貯めたら、ポケモンのアイテムと交換できるよ!

え!どれどれ!?

…ポケモン好きの息子、食いついてきました。(※アイテムはポケモンだけではありません)

わー、ほしい! 何ポイント貯めればいいの?

えっと、これは15000ポイントかな…

今、オレは何ポイント持ってるの?

260…かな…。(1ステージ終了時点)

「・・・」(息子、考える)

「・・・・・・」(息子、さらに考える)

あっ! じゃあさ!

またNテスト頑張るから、Nテストの点数が良かったらこれ買ってよ!

。。。。。。

Nテストとは、日能研の全国テストのことです。。(我が家の呼び名)

3月6日分を申し込んでいるのですが。。(まだ問題セットは届いていません)

日能研の全国テストも、もちろん頑張ってほしいですけどね。

でもそうじゃなくて!

アイテムに釣られて「RISU算数」のステージを進めてほしかったんだよー!!(泣)

ちなみに、息子はポケモンのカードゲームはやっていないのですが、ぬいぐるみなどのアイテムが大好きです。うん、確かにかわいい。私はイーブイが好きです。(誰も聞いてない)

息子がゲットしたポケモンたち

その後、土日でなんとか合計4ステージ進めてもらい、現時点のポイントは1090ポイントです。毎日それなりのペースでやれば、2か月で15000ポイント稼ぐのは余裕だと思うんだけどなあ。

息子の考えでは、「RISU算数」で15000ポイントを貯めるよりも、Nテストを頑張る方が早くポケモンアイテムをゲットできると思ったんでしょうね。思い通りにいくかはともかく、計算した上で交渉してきたので、それはそれで一種の学習なんですけどね。

こんな調子で、2か月の貸出期間中に先取り学習までいけるのでしょうか…?

先行き不安な「RISU算数」体験ですが、1~2週間使ってからまたレポートします。

どうぞお楽しみに!(?)

「RISU算数」一週間お試しキャンペーンについて

少しでも「RISU算数」に興味を持った方は、一週間お試しキャンペーン(一週間で返品する場合は1980円かかります)がありますので、下記リンクからお申込みください(^^)

人数限定! RISUお試しキャンペーン | リスジャパン株式会社
>人数限定RISUお試しキャンペーン。平均2学年以上を先取り。RISU(リスジャパン)算数は、枠を設けず、一生涯役に立つ総合力を算数/数学で鍛えるツールです。

クーポンコードは「bdq07a」です。 クーポンコードを入力しないと、いきなり本契約になるらしいです。くれぐれも気をつけてくださいね。


【一週間お試しキャンペーンとは?】
RISUのタブレットを一週間お試しいただけるキャンペーンです。
お試し後も続ける場合、お試し費用はかかりません(お試しのみで返品する場合は1,980円がかかります)。
ご利用いただくタブレットはお試し用のサンプル問題等ではなく、すべて本契約と同じものをお使いいただけます。


って、メリットも効果も全くわからない記事を書いておいて、誰がお試しするんかーい!!

まだ2日しか試していないので、今後の記事にご期待ください。。

あ、「ハロー!ベルリッツ」については次回書きます。。

しつこいですが、クーポンコード入れないといきなり本契約になります…


↓にほんブログ村に登録中。クリック応援、励みになっています(^^)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2026年度(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(Z会)へ

コメント