乳がんのステージやサブタイプを知るきっかけになった「乳房生検」

[病気の話]
この記事は約6分で読めます。

まずはじめに。ここで記事を書いているのは普通の主婦です。がんのこと・医学的なことに関しての知識はありません。乳がんになり、実際に自分が受けた検査や治療について記録しておく目的で記事を書いています。

ブログ運営者あきのこのプロフィールはこちら

既に悪性腫瘍と言われ、乳がんがほぼ確定していた私。

MRとPET-CT検査の結果から、がんの大きさや位置などもわかりました。そして、その日はさらに「乳房生検」をすると言われました。

太い針を刺して、がん組織を取り出して「悪性の度合いを調べるんですよ〜」とのこと。

悪性の度合い? どうやら「悪性腫瘍」には、いろんなタイプがあるらしいですよ。

「乳房生検」って、どんな検査なの?

MR・PET–CT検査の結果を聞いた後、「これから乳房生検をしますね〜」と先生に言われました。

「これから胸に太い針を刺すんですけど、その針の先で組織をちょっとえぐるっていうか…。まあ、組織を取るんですけど、麻酔するから痛くないと思います(o^^o)」

あおむけに寝るように言われ、太い針という言葉にビビりながらビクビクして待つ私。

胸は局所麻酔するから痛くないっていうけど…

麻酔までするなんて、どんだけ太い針なの…:(;゙゚’ω゚’):

どんな太い針だったか記事に書くためにも、針を見ようと思ったのですが…。

注射嫌いな私は麻酔の注射も太い針も直視できませんでしたー!( ;∀;)役立たず…

麻酔の注射はほんの少しチクッとしただけで痛くありませんでした。

でも、その後、太い針が刺されたまま、先生がエコーをみながらグリグリしてる感覚が…。痛みはないけど、えぐられてるというか、いじられてる感はありました(>_<)

検査後24時間のお供、バストバンド

そして検査後…。大きなガーゼのかたまりをあてて、バストバンド(伸縮性のあるサラシみたいなもの)をギューッと巻かれたのですが、、、

これがなかなか痛苦しい…!

止血のためかな?しばらく我慢かな?と思いきや、「24時間つけていてくださいね♪」と看護師さん。

24時間…(´⊙ω⊙`)?!

結構…痛いというか、苦しいんですが…。

「でもね、これをきちんとつけておかないと、血栓ができたりするんですよぉ。ほんの少しだけ緩めますけど、24時間は我慢してくださいね♪

と諭されました。やさしい笑顔で言われたら、何も言えなくなりますね。

個人的には、乳房生検は痛くも怖くもなかったけれど、バストバントに締め付けられて24時間過ごすのが辛かったです…!

ちなみにこのバストバンド、乳がんの手術でも使いました。

乳がんのステージ『 I 』だけど全摘出と言われた…

この日に受けたMR検査の結果から、私の左乳がんは「17×16×13mm」の浸潤癌と言われました。

また、PCモニターに表示された画像を見ると、胸の半分位の範囲に白い影が映っていました。乳頭から3cm程離れた場所に「上下50×左右47×前後70mmの範囲」ということでした。

まるで、胸の中にがんの粉が舞っているようなイメージ。

そして先生は「この白い範囲も切除したほうがいいですね」と。画像的には半分位の範囲だけど、左胸を全摘出した方がいいということでした。

乳がんのステージ分類の基準を知る

白い影の範囲も含めると結構な広範囲に思えるのですが、私の乳がんは「ステージ I」だそうです。腫瘍の大きさが2cm以下で、リンパ節への転移が「無し」だからです。

亀田メディカルネットの「乳がんステージ分類」の表をお借りしました。

亀田メディカルネット、乳がんステージ分類の表をお借りしました。

先生に質問したところ、ステージを決める際の基準として、胸に複数の腫瘍があった場合、その中で一番大きな腫瘍のサイズで決めるそうです。

例えば、直径1cm、1.5cm、1cm…という複数の腫瘍があっても、すべて足し算するわけではなく、この例だと一番大きな腫瘍が直径1.5cmなので「大きさ2cm以下」という判断になるようです。

そして、私の左胸に見えている「白い影」はステージの判断材料にはならないそうです。範囲は広いんですけどね…。

それまで私は、ステージ 0 や I なら「がんとしては軽い方なのかな、割と簡単に治るのかな?」と思っていました。でも、そういうわけではないんですね。現に私は全摘出の必要があると言われたのですから。

ステージだけを聞いても、その人のがん治療の難しさがわかるわけではないんだな…と身をもって知りました。

初めて聞いた「がんのサブタイプ」…がんにも個性がある?

乳房生検の結果が出るのは2週間後、この検査で調べるのは「腫瘍の悪性レベル(悪性の度合い)」とのことでした。

先生は「がんは主に4種類のタイプに分かれるんですよ〜」と、メモを書きながら説明してくれました。

ものすごく簡単に言うと、

同じ悪性腫瘍でも、あまり動き回らないおとなしいタイプや、すごいスピードであちこち動き回る暴れん坊タイプなど、タイプが分かれるらしいです。そのタイプによって治療内容や薬の種類などが変わってくるんだそうです。

国立がんセンターの「乳がん 検査・診断」のページに「3.サブタイプ分類」の説明がありました。以下にリンクを貼りましたが…難しいですよね。しかも、ここでは5種類あるような?(型としては4種類?)

乳がん 検査・診断:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

主治医から説明を受けた当事者の私ですが、専門用語は正直よくわかりません(^^;;

乳がんのサブタイプが判明、まあまあ油断ならないヤツだった

2週間後に乳房生検の結果を聞きにきました。

私の乳がんは「ルミナルHER2型」とのこと。

ルミナルAかBかは、聞き逃したのか忘れたのか先生が言っていないのか…記憶に残っていません(^_^;)

覚えているのは、「ルミナルHER2型」は「女性ホルモンをエサにするタイプのがんで、まあまあ増殖スピードがはやい」ということ。

なので、すぐに女性ホルモンを止める(?)「タモキシフェン」という薬を飲むことになりました。

私の場合は、1日1回1錠!おぼえやすいです。

乳房生検の結果を聞いて、「進行スピードが速いから、治療もスピーディーに進めて行くのね…」と、どこか他人事のように理解しました。

乳がんと一言に言っても、大きさやタイプによっていろいろな症状や治療法がある…。自分が当事者になって初めて知ることがたくさんあります。

乳がんサバイバーの方々の体験談を読んでいても、自分と全く同じ!という人は見つけられないです。症状が似ていても、年齢や環境、病院や主治医の方針などによって、治療方法も変わってくるものです。

それでも参考になることが多いし、元気をもらえることもあるので、乳がん体験談はよく読んでいます。

このブログも、なるべく読みやすく書いて、どなたかの参考になればいいなぁと思っています(*´-`)

コメント