乳がん転移精査「PET–CT検査」@亀田クリニック

乳がん
この記事は約5分で読めます。

まずはじめに。ここで記事を書いているのは普通の主婦です。がんのこと・医学的なことに関しての知識はありません。乳がんになり、実際に自分が受けた検査や治療について記録しておく目的で記事を書いています。

この記事では、亀田クリニックで受けた「乳がん転移精査」の中の「PET-CT検査」について、個人的な感想とともに当日の様子を記録しておきます。

乳がん転移精査の「PET-CT検査」って何をするの?

MR検査と同じく、PET-CT検査を受けるのも初めてな私。CTというからには、こちらも体をスキャンするんだろうなぁ…とは思いましたが、どうして2種類も受けるんでしょうね?

とりあえず、この日はMR検査の後にPET–CT検査を受けることになっていました。

亀田クリニックからもらったPET-CT検査についての説明に、以下の記述があったので抜粋します。

陽電子(ポジトロン)を放出する放射能核種(ポジトロン核種)で標識した薬剤を静脈から注射して、細胞の活動状態を画像化する検査です。

亀田クリニック PET–CT検査に関する説明より

細胞の活動状態を画像化…?説明を読んだ時点では、どんな画像が見られるのか想像できませんでした。

あと、説明で気になった点が。

PET–CT検査当日は、検査に支障をきたすため、予約時間の5時間前から食事、飴、ガムなど甘い食べ物や、スポーツ飲料の摂取はおやめください。

亀田クリニック PET–CT検査に関する説明より

って、この検査は11:30の予約だったから、朝ごはん食べてこれたじゃん!!検査時間と食事制限時間はしっかり確認したほうがいいですね( ˘ω˘ )

「PET-CTセンター」での検査の流れ

MR検査の後、「寒くないようにコートか何かはおって、荷物をすべてロッカーから出してください」と言われました。

寒くないように?

冬だけど、室内は暖かいのに?と思ったら、PET-CT検査は画像診断室ではなく別の建物「PET-CTセンター」へ移動するとのこと。

屋根のない道も歩くので、雨の日は傘も必要そうです( ˘ω˘ )

病院ロビーイメージ。亀田ではありません。

「PET-CTセンター」は綺麗な建物で、受付はこじんまりとしたホテルのラウンジのようでした! 検査着で受付している自分に違和感を感じるほど…。

検査前にペットボトルの水を一気飲み!

受付の後、検査室近くのイスに座って待っていると、検査技師さんがやってきて、「このお水を全部飲んでください」と、小さめのペットボトルを渡されました。多分280mlくらい?

静脈に薬剤を投与した後、検査前に膀胱内の薬剤の代謝物を排出するために、トイレに行かないといけないそうです。

あとで確実にトイレに行けるように、ということでした。頑張って一気飲みしましたよ…!( ´Д`)

薬剤投与と安静室での極楽タイム

この日は空いていたのか、予定より少し早く薬剤を投与することに。

投与時間は5~10分てとこでしょうか。投与後、やっと点滴の注射針を抜いてもらえました!(*´∀`)

針がないだけでも開放感いっぱいでリラックスモードだったのですが、「これから安静室で50分程お休みください」と。

安静室は、ブースで仕切られた薄暗い静かな部屋でした。ブースの中には電動リクライニングソファがあり、好きな角度に調整可能。肌触りの良いフワフワな毛布までかけてもらい、気持ちよく寝てしまいました(*´-`)

PET–CT検査の時間がきた!

寝ているうちに検査の時間になりました。

MR検査と違って、あおむけに寝られるので楽ちん! 安静室で借りた毛布を検査室でもかけてもらって、軽く体を固定されました。

PET–CT検査は、広い部屋の中で大きな白い筒の中を通るだけ。

こんな感じの機械

どんな検査をするのかしっかり記憶しておこうと思ったのですが、ウイーンという静かな機械音がして、トンネルのような筒をくぐって…。気付いたら寝ていました。←

検査時間は約30分だったようです…。

部屋が少しひんやりしていたこと以外、検査中のことはあまり覚えていません。この記事の意味って…( ;∀;)

回復室でまたまたリラックス

検査の後は、リクライニングソファ数台とテレビが置かれた回復室に案内されて、「20分位くつろいでいてください」と言われました。

ペットボトルのお茶と水、飴が置いてあり、自由に飲食していいというので、温かいお茶と飴を2つもらいました。おなかペコペコだったので♪(´ε` )

リラックスした後は、検査着から自分の服に着替えて、PET–CTセンターで検査費用を支払って完了!(会計は亀田クリニックとは別でした)

ちなみに、PET-CT検査料金だけで約22,000円でした。(保険は3割負担です)

PET–CT検査の結果について説明される

午前中に受けたMR検査とPET–CT検査の結果は、午後の乳腺科での診察の時に聞くことができました。

MR検査の画像は乳房を横から見た断面図という感じでしたが、PET–CT検査の画像は頭から足まで輪切りにした感じの断面図で…文章でイメージを伝えるのって難しいですね(-᷅_-᷄๑)

↓こんな感じの体の断面図を、PC上で位置を動かしながら見せてくれました。

PCの画面上で断面図の位置を動かして見せてくれました!

で、左胸の悪性腫瘍の部分が青く光って映っていたんですよ!すごい!∑(゚Д゚)

ちなみに右胸の良性腫瘍は光っていませんでした。

なるほど、こうやって全身の他臓器にも悪性腫瘍がないか調べることができるんですね。

先生曰く、画像に映らないレベルの小さながん細胞は、MRやCTで見つけることができないそうです。けれど、画像に映るレベルでは、その時点で私の体には他に悪性腫瘍は無いとのことでした。

100%保証ではないけれど「現時点では他臓器への転移の可能性は低いのね」と捉え、ほんの少し安心しました(*´-`)

MRとCTの結果を聞いた後に左胸の乳房生検をして、診察が終了。乳房生検の結果は2週間後にわかるとのことで、診察予約をして帰宅しました。

コメント